MENU
CATEGORY

Twitterでは最新情報を発信中!

オン・ソンウがドラマ「力の強い女 カン・ナムスン」に出演決定!

イ・ユミとオン・ソンウの宣材写真

人気ドラマ「力の強い女 ト・ボンスン」の後継作である新ドラマ、
「力の強い女 カン・ナムスン」にオンソンウが出演!!

本作は、ドラマファンに人気の「力の強い女 ト・ボンスン」の後継作
ソンウ君は熱血刑事役で出演します!!

2023年に放送予定の新ドラマ「力の強い女 カン・ナムスン」について、ソンウ君の役どころドラマ概要などをまとめました。

目次

「力の強い女 カン・ナムスン」あらすじ

「力の強い女 ト・ボンスン」の後継作(続編)

「力の強い女 カン・ナムスン」は、2017年にJTBCで放送され人気を博したドラマ「力の強い女 ト・ボンスン」の後継作です。

「『力の強い女 ト・ボンスン』の世界観を拡張した作品」であり、続編というよりも同じ世界観で新たな人物たちが活躍するドラマと見たほうがよさそう。

今のところ特に情報はありませんが、前作のファンとしてはパク・ボヨン、パク・ヒョンシクなど前作のキャストが出演するのかも気になるところですね。

怪力の女性とその母&祖母が活躍

主人公となるのは、生まれつき超人的な怪力を持つ女性カン・ナムスン
彼女が自分の母&祖母と共に、江南で巻き起こる新種の麻薬犯罪の実態を暴くストーリーになっています。

カン・ナムスンは、前作の主人公であるト・ボンスンの遠い親戚という設定。(ニュース記事では「6親等」となっています)
ここからも、前作の世界観を引き継ぎながら別の物語が描かれていく点が伺えます。

「力の強い女 カン・ナムスン」キャスト

確定キャスト

主人公のカン・ナムスンを演じるのは、新鋭として注目されているイ・ユミ。
オンソンウは、カン・ナムスンの関心を一身に受ける刑事のカン・ヒシクを演じます。

現時点での確定キャストはこの5人。

(写真左から)

  • キム・ジョンウン…母 ファン・グムジュ役
  • キム・ヘスク…祖母 キル・ジュンガン役
  • イ・ユミ…主人公 カン・ナムスン役
  • オン・ソンウ…刑事 カン・ヒシク役
  • ピョン・ウソク…悪役 リュ・シオ役

詳しいストーリーは不明ですが、

  • 犯罪に立ち向かうカン・ナムスン&母&祖母
  • カン・ナムスンに協力する刑事
  • 彼らと敵対する悪役

…という構図が見えてくる気がします。

キャラ紹介

ソンウ君は秀才エリートの熱血刑事を演じます!!

刑事 カン・ヒシク(演:オンソンウ)

江南で麻薬捜査を行う秘密捜査チームのメンバーで、カン・ナムスンの関心を一身に集める人物。
警察大出身の秀才であり、知恵・人徳・体力の全てを兼ね備えた熱血刑事。
偶然出会ったナムスンと共に社会悪を一網打尽にするために協力し、彼女に好奇心と憧れを抱く

記事には「演技の過程でオンソンウは痛快なアクション心ときめくロマンスを同時に表現するだろう」と書かれていて、アクションはもちろんナムスンとの恋模様にも期待できそうな予感。
「ト・ボンスン」は恋愛色が強めでしたが、今回はどうなるのか注目ですね。

今回の役づくりとして、ソンウ君はかなりの短髪で臨んでいます!

主人公 カン・ナムスン(演:イ・ユミ)

俳優イ・ユミ

モンゴルで"国際迷子(海外滞留中にビザ紛失などで身分を証明できなくなった者)"になり、両親を探すために江南へやって来た。明るい性格で、生まれつき人並み外れた怪力を持つ。

母 ファン・グムジュ(演:キム・ジョンウン)

俳優キム・ジョンウン

ナムスンの母。失った娘を探すために強迫観念に駆られるようにして善行を行い、正義感に燃える人生を歩んできた"現金財閥"。

祖母 キル・ジュンガン(演:キム・ヘスク)

俳優キム・ヘスク

ナムスンの祖母。馬場洞(マジャンドン)を精肉で平定した人物。

精肉で平定した…ってちょっと意味が分からないんですが、これ以外の情報がないので一旦直訳で。。。

会長 リュ・シオ(演:ピョン・ウソク)

俳優ピョン・ウソク

ナムスンを利用して利益を得ようとする会長。他人の力を利用して自身の事業をより大きくしようとする野望を持つ。

撮影・放送時期

2022年の夏から撮影がスタート。2023年の4月ごろまで続くそうです。結構長いですね…!

2023年の上半期にJTBCで放送予定です。

制作スタッフ

「ト・ボンスン」脚本家×「酒飲み都会」監督

脚本:ペク・ミギョン

前作である「力の強い女 ト・ボンスン」の脚本を担当。最近では「Mine」などを手掛け、魅力的な女性キャラクターを生み出しています。

監督:キム・ジョンシク

TVINGオリジナルシリーズとして人気を集めた「酒飲み都会の女たち」を手掛けた監督。

制作会社

今回のドラマは、株式会社Barunson C&Cの創立記念作品
この会社は、「パラサイト 半地下の家族」の制作会社である株式会社Barunson E&Aが設立した会社です。

また、脚本家のペク・ミギョンが設立した株式会社ストーリーフェニックスが共同制作を行います。

「力の強い女 カン・ナムスン」日本放送・Netflix配信はある?

まだ韓国での放送情報も出ていないので、日本での配信・放送の情報が出るのはかなり先になると思います。

現状では、韓国ではテレビ放送+韓国Netflixの同時配信が決まっているとのこと。
これは韓国ネトフリの話なので、日本など他国のネトフリでどうなるかは不明です。
最近のJTBCドラマはネトフリ同時配信されるものもあるので、可能性はゼロではないと思います。

過去のソンウ君出演JTBCドラマ「十八の瞬間」「場合の数(邦題:2人の恋は場合の数)」は、どちらもCSの衛星劇場で放送されました。同時配信や日本での同時放送はありませんでした。
今作はソンウ君主演ドラマではないので、今回どうなるかはやはり分かりません。

ただ「ト・ボンスン」の後継作(続編)ということで日本の注目度も高いと思いますので、何かしらの形で配信・放送されることを期待したいです。

余談:ピョン・ウソクとソンウ君の共演

今作では敵役になりそうなピョン・ウソクですが、ソンウ君とはNetflix映画「20世紀のキミ」で少しばかり共演を果たしています。

正確に言うと同じ場面に映ってはいないので共演とは言えないかもしれませんが、「20世紀のキミ」でこの2人が気になった方にとっては、今回の「カンナムスン」でしっかり共演する2人が見れるかもしれませんね!

ピョン・ウソクがソンウ君について言及したインタビューはこちら↓

https://twitter.com/welong_jp/status/1584038110123679745

※多少ネタバレになるためリンク先にてご覧ください


人気ドラマの後継作ということでドラマファンの注目が集まってますし、そんな作品のメインキャストというのも期待大です…!
しかも熱血刑事役とのことで、前に決まりかけたものの惜しくも流れてしまったドラマ「ブラインド」のリベンジがこうも早く果たされようとは…半年前のWELOたち(と自分)に、そこまで落ち込まなくてもいいよって伝えたいですㅎㅎ

ドラマの続報が入り次第、随時更新していきます!

当方が主宰する日本ファン有志「WELO JAPAN」から、ドラマの撮影現場にコーヒートラックを贈るサポート活動を行いました!
実施の模様はこちら↓

イ・ユミとオン・ソンウの宣材写真

Twitterで最新情報を発信中!

この記事をシェア
目次